フリーランスの心得

見ず知らずの会社や個人に営業をかける時は、あらかじめ自分が何者なのか明確にしておくこと

本日2020115日の朝日新聞朝刊に、私の写真と肩書き「貿易&食品ビジネスのコンサルタント、海外ビジネスの専門家」が掲載されました。

そのせいか、今日はまったく知らない方からのお問合せが多く入った一日でした。
その多くは、「今後の仕事の話がしたいので、一度会って詳しくお話をしましょう」「必ずお客様のお役に立てるので、クライアントをご紹介ください」というものだったのですが、こういった内容のメッセージを送ってくる方に限って、自分が何者なのかを明記していません。しかも文面も、「これって・・・テンプレートがあって、目に付いた人に片っ端から送っているのでは?」という、似たり寄ったりなものが多いんですよ。
これでは、宛先の人間(今回の場合は私)にとって有益な仕事をもたらしてくれる人であっても、関心を引くことはできませんよね。

思い返せば、過去にも今日と似たような経験がありました。アメブロで熱心にビジネスブログを書いていた2016年~2017年頃、それまでまったくご縁の無かったコンサル業やコーチ業の方々から、沢山メッセージをいただいたんですね。
しかし、その時いただいたメッセージの多くはまったく的外れなもの。
私のアメブロ記事を少しでも読んでくれていたら、私がターゲットにならないことは判別がつくはずなのに、それでも当たり障りのないメッセージばかりを送ってくるのです。そんな万人向けのメッセージを書いていては、無差別にメッセージを出しているのがバレバレです。

たとえメッセージの本文がテンプレであっても、経歴や実績について、しっかり実名を出して記載してくれているのであれば、構わないのです。
けれど、そういったメッセージを送ってくる方に限って、どんな仕事をしているのかよくわからないことが多い。
たとえば、「起業のやり方を教えます!」と言っているのに、本人がどんな起業をしてきたのかが、第三者から見た時にまるでわからないって致命的ですよね。起業のやり方を教えるビジネスそのものが起業なのだと考えておられるのかもしれないけれど、そんなビジネスが長期にわたって成功するのは、ご本人によほどのカリスマがある場合だけです。

ともかく、問い合わせや営業をする場合、「第三者から見て業務内容が明確にわかる」ことが、次のステップ(=アポイント獲得)に進むためには非常に重要だと再認識しました。
どんなにいい仕事をしていても、ここをおろそかにすると仕事につながらないので、問い合わせのメッセージを出す前に必ず、第三者の立場から自分が何者かわかるかを確認することをおすすめします。ここを抑えるだけで、アポイント獲得率は確実に上がります。(もちろん、自分が相手にとって必要だと説得できる材料があることは大前提ですが。)

蛇足ですが、そういった意味では私もまだまだ「自分は何者か」のアピール不足なので、プロフィールを見直す余地はあります。

思いつくままに書きだしてみると、私自身はこんな人間かなと。

1)商社の海外部門出身
2)貿易&食品ビジネスのコンサルタント兼アドバイザー。
3)主なクライアントは日本の輸入卸各社、および欧州~ロシアの食品&ワイン生産者など。契約形態は、顧問契約、業務委託契約、エージェント契約など。
4)対応可能な主な分野は、新商品開発、対外交渉、貿易実務全般、契約書関連、食品関連法規、品質管理など。
5)対応可能言語は、ビジネスレベル:日本語、英語、イタリア語。内容によっては、スペイン語、フランス語、中国語、ルーマニア語も可能。現在ロシア語勉強中。
)個人向けとしては、スモールビジネスの事業展開のアイディア出し協力、独立のアドバイスなどを実施。
)1年の4分の1くらい、仕事で南欧~東欧~ロシアに行っている。
)イタリアをはじめ、南欧~東欧の食品メーカーやワイナリーとは、20年来のコネクションがある。
)グローバルレベルで、サブカル分野の人脈がある。
10)USA、UKに親戚在住。
)USA、スペインに長期留学経験あり。
)ワインアドバイザーの資格あり。
)海外でのスポーツ観戦や観劇が大好き。
14)その他、趣味多数。
15)体力はあるほう。食べ物の好き嫌いなし。 

自分が何者かを文章で説明するのが苦手な場合は、こうやって思いつくままに箇条書きにしておくだけでも、印象が違いますよ。

関連記事

  1. フリーランスの心得

    2~3年で廃業しないために必要なこと

    【起業する時に事務所は必要か?】以前、アメーバブログでも書きま…

  2. フリーランスの心得

    ピンチの時にあなたができること

    【風が吹けば桶屋が儲かる】世界的なウイルス蔓延により、日本国内…

  3. 副業&起業

    アラフォーの独身女性ほど副業を持ったほうがいい理由

    お久しぶりです、田村菜穂子です。この2年間はクライアントのビジネスに全…

  4. フリーランスの心得

    フリーランサーが法人化しない理由

    【会社を辞めて丸8年経った私が、いまだに法人化していない理由】 …

  5. フリーランスの心得

    今年も確定申告が終わりました

    久しぶりのブログです。昨年前半に、オンラインでの営業や発信をが…

  1. フリーランスの心得

    2~3年で廃業しないために必要なこと
  2. フリーランスの心得

    ピンチの時にあなたができること
  3. フリーランスの心得

    今年も確定申告が終わりました
  4. 副業&起業

    アラフォーの独身女性ほど副業を持ったほうがいい理由
  5. フリーランスの心得

    見ず知らずの会社や個人に営業をかける時は、あらかじめ自分が何者なのか明確にしてお…
PAGE TOP